気になる記事まとめ

気になる記事をまとめて投稿しています。

【悲報】ブラジルの犯罪発生率。もう滅茶苦茶

   

【悲報】ブラジルの犯罪発生率。もう滅茶苦茶

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)23:48:30 ID:xG0
http://ift.tt/2b13WLX

在ブラジル日本大使館のHPで連邦直轄区と日本との犯罪発生率(人口10万人当たり)の比較が掲載されていますが、
それによれば、ブラジル連邦直轄区の犯罪発生率は日本と比べ、下記のような数値となっています。

殺人:約28倍
強姦:約25倍
歩行者強盗:約1,500倍
自動車強盗:約1,700倍
住宅強盗:約120倍

※ブラジルでは暴力犯罪によって命を落とした人が、2015年のシリア騒乱における犠牲者の数を上回った

地域別で最も高い地域はレシフェ等がある北東部地域で、州別ではアラゴアス州がブラジルで最大の発生率となっています。次いで発生率が高いのはマナウスがあるアマゾナス州、ベレンがあるパラー州をカバーする北部地域です。
特に、マナウスは密輸の中継地として、関連の犯罪も急増しており、銃器を使用した殺人・強盗・短時間(特急)誘拐等の凶悪犯罪が昼夜を問わず発生しています。また、ベレンにおいても、一部地区で急激に治安状況が悪化しており、留意が必要です。

2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)23:49:24 ID:xG0
 報告書では警察による蛮行も浮き彫りにされる。それによれば、2015年に3,345人が警察の手によって殺されている。毎日平均9人が殺された計算だ。その警察もおよそ400人が命を落としているが、勤務中に亡くなったのは3分の1だけである。
 ブラジルの警察は危険な環境の中で勤務しており、予算削減にも悩まされているが、同国において汚職が蔓延しているという認識も広く受け入れられている。
 フォーラムの事務局長サミラ・ブエノ氏は新聞の取材に対して、警察の手による死者数の増加は「ブラジル政府が殺傷力の高い武器の過剰使用を奨励していることを示します」とコメント。
 「まるで生殺与奪の権利が与えられているとでも言うかのように警察は大勢を殺しています」と同氏。

ちなみに、重要犯罪以外は警察に行っても意味ないから私刑がデフォやね
窃盗なんかは、見つけたら普通は撃ち殺すんやで
ぼこぼこにして許してくれるなら優しい方

刺青とかは激甘やな

3: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)23:50:50 ID:bVi
ブラジルって国家丸ごとやばいな

4: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)23:51:44 ID:HXV
窃盗に厳しいぶん逃げるための強盗が増えるんよね

6: 名無しさん@おーぷん 2017/06/14(水)23:52:46 ID:FbC
修羅の国やでぇ…

続きを読む




Copyright © 2017 おもしろい記事おまとめサイト All Rights Reserved.

Copyright © 2017 おもしろい記事おまとめサイト All Rights Reserved.

Copyright © 2017 気になる記事まとめ All Rights Reserved.

from 気になる記事まとめ http://ift.tt/2sA1YOc
via IFTTT

 - 未分類 ,

×