?????????

???????????????????

男だって「転勤はイヤ」 全国転勤敬遠 一般職を選ぶ20代男性が増加

   

WS000083

1:ばーど ★:2017/10/31(火) 14:13:05.01 ID:CAP_USER9.net
企業の採用担当部門では、早くも2019年卒の選考スケジュールが動き出している。各社が開く就職説明会で近年、一般職や地域限定職部門に男子学生が集まる現象が起きているという。

長く働き続けたいからこそあえて一般職を目指す女性を取り上げたBusiness InsiderJapan記事は大きな反響があったが、中には「転勤ありで職務も無限定の総合職を敬遠するのは、今や女性だけではない」という声が寄せられた。
一般職や地域限定職を希望する男性たちは、どんな思いなのだろうか。

■「一般職は女性前提」のタブー

「金融機関では、一般職と総合職ブースを分けています。学生は会場内のどこでも自由に話を聞きに行けるのですが、一般職ブースに男子学生が集まっていて、ちょっと驚きました」

人材サービス大手の新卒採用担当者は、ある企業合同就職説明会の様子をそう明かす。

一般職、総合職といった区分けは、1985年の男女雇用機会均等法の制定を機に、大企業を中心に導入された。厚生労働省によると、転居を伴う転勤とセットで昇進・昇格に道が開かれ、企画立案や営業などを担う「総合職」と、転勤を伴わず定型的な業務を担う「一般職」といった位置づけだ。

「事実上の男女別の雇用管理として機能させている場合は、男女雇用機会均等法に違反します」(厚労省「2014年度コース別雇用管理制度の実施・指導状況」より)と表向きはされながらも、多くの企業では、一般職や地域限定職は女性を念頭においている場合がほとんどだ。

「『女性対象の募集です』とは言えないから、金融機関の一般職ブースの担当者は、男子学生が来た場合に断る理由もなく困っていた」(人材サービス大手新卒採用担当者)という。

配信10/31(火) 13:56
BUSINESS INSIDER JAPAN
http://ift.tt/2hpBfwP

元記事:http://ift.tt/2hpBhEX

続きを読む

Copyright © 2017 おもしろい記事おまとめサイト All Rights Reserved.

Copyright © 2017 おもしろい記事おまとめサイト All Rights Reserved.

Copyright © 2017 気になる記事まとめ All Rights Reserved.

from 気になる記事まとめ http://ift.tt/2z0dO4E
via IFTTT

 - ??? ,

×